パラオ旅行 ガラマオの滝

 

最終日は

ガラマオの滝までトレッキングツアー

 

1.2日目とは違うツアー会社に

申し込んだのですが、適当すぎて

面白かったです。

おすすめはしません。

 

水着の上にTシャツ、スウェットのズボンを着用。マリンブーツを貸してくれるらしいので靴は適当で。

 

 

ガイドさんはおそらくパラオ人。

前歯がない。

英語はあまり得意じゃなさそう。

 

しかもツアー参加者は私たちのみだった。笑

 

ガイドさんの車でトレッキングコース入口まで移動する。

 

30分くらい。

このガイドさん悪い人じゃないけど大丈夫かなと一抹の不安。

友人は横で椅子を思いっきりリクライニングして寝始める。その勇気に感服します。

 

途中よく分からない店の前で停車

ガイド「ブレックファースト フィニッシュ?」

私たち「イエス。」

 

そしてガイドさん、ちょっと買い物して来る的なこと行って店へ行く。

朝ごはんかな。

自由である。

 

そして何も買わずに帰ってきた。

 

自由である。

 

そして滝入口に到着

 

マリンブーツをガイドさんが出してくれる。

出発前に足のサイズをきかれ、

23.5センチと言っておいた。

ガイドさんが持ってきたのは24センチ

 

「.ファイブナッシング」

どうやら23.5はなかったらしい。

出発前に言ってよ!24じゃブカブカだったらどうする!

という思いも英語にはできないので

そのままはく。

 

横にはイージーコースのトロッコがある。でも安全性に不安を感じる…

 

とりあえず出発〜( ^ω^ )

 

ジャングルっぽい中を歩く

 

マリンブーツの底が薄くて

石がダイレクトに足にささる

リアル足つぼ。

ガイドさんは時々「ダイジョブ?」

と言ってくれるが基本無言の笑顔。

 

日本軍が昔使ってたトロッコのレール跡があった。

一応ガイドさんに聞く

私たち「ワッツディス?」

ガイド「ハハッ笑」

 

ちゃんとガイドして。

 

 

10分くらい歩くと、

ガイドブックにはよく載ってる

ジップライン乗り場に着く?

ターザンロープみたいなやつで

山の上から滝の方までピューっと行けるやつ。

完全に廃墟になっていた。笑

 

ガイドブックから消しといてほしい。

 

川沿いを歩いて

吊り橋渡って

f:id:mamico26:20170103171937j:image

 

滝到着

 30分くらい!

f:id:mamico26:20170103171917j:image

 

すげーーーーーーー

でっかいーー!!

 

 

水着になって滝の下に行ったり

裏側に行ったり

魚追いかけたりして遊ぶ

 

ガイドさんは専属カメラマン状態。

 

 

ほどほどに遊んで

来た道を帰る。

 

行きにも通ったけれど、

ここはラブツリーです

と英語で書かれた看板があった。

「ワイ?ラブツリー?」

ガイド「ルック」

と言って説明書きを指差す。

いや説明書き長いし英語よく読めないから聞いてるんだけど。

仕方ないからよむ。

 

どうやら1本の木が自力では立てないので、よこの木が、支えて合体した的なことが書いてあった。

 

「どれがラブツリーなの?」

「これかな?」

ガイドさんは当てにならないので

友人とそれらしき木を見ていた。

 

他のツアーの方々がちょうど来て、

ちゃんとした日本人のガイドさんがラブツリーの説明を始めた。

「これがラブツリーです。」

私たちが見てたのと逆方向の木だった。

思わず「そっちかーい!」

と言ってしまう。

 

「違うじゃん!教えてよ!」

前歯無しガイドさんを責める。

ガイド「ハハッ笑」

分かってて教えなかったな笑

 

そしてまた来た道を帰る

ひたすら登り。

 

半日コースだったけど

半日で十分楽しめた。

適当ガイドさんも面白かったので

よしとしました。